PE共済会

HOME 運営団体情報 |

運営団体情報

PE共済会とは

当共済会は株式会社PE-BANKとの契約者であるITフリーランス(プロエンジニア)の皆さまを支援するための福利厚生(所得補償、入院給付など)を目的として1992年9月に設立しました。以来長きにわたってITフリーランスの地位向上を目指す株式会社PE-BANKとの二人三脚で活動をおこなってきました。現在もプロエンジニアのみを対象とした非営利組織として相互扶助の精神に基づき、加入者の皆さまの生活の『安全と安心』を守るお手伝いをしています。フリーランスに必要な所得補償手当てを中心に、より多くの方へ確かなサポートをお届けすることを使命とし、日々努力しています。

沿 革

1992年9月 首都圏コンピュータ技術者協同組合共済会(通称セア共済会)設立
2011年2月 生命共済を倍額へ変更、がん共済を追加するなどの給付内容を見直し
2014年9月 月額共済会費を見直すとともに所得補償手当て、入院日額手当ての制度をより分かりやすく充実した制度内容へ変更
2015年9月 名称を「PE共済会」へ変更
所得補償手当ての給付期間・入院日額手当ての日額を大幅に拡充した内容へ変更
ごあいさつ
本共済会は、母体となる株式会社PE-BANKの組織変更を機に2015年9月、「PE共済会」へと名称を改めました。
フリーランスであるプロエンジニアの皆さまが心おきなくお仕事に専念出来るよう、常に傍らで見守らせていただく決意を「PE」の二文字に込めて名付けました。プロエンジニアの皆さまとともに歩んできた共済会は、おかげさまで四半世紀を迎えました。これからも時代にマッチしたサポートを第一に、会員の皆さまお一人おひとりが安心してご活躍いただける環境づくりを目指していく所存です。ご期待下さい。会長 藤野宣明