PE共済会

HOME 加入者の声 |

加入者の声

アイコン女 M・Nさま(当時48歳)がん共済(診断・手術・入院) 数年前に健康診断で子宮筋腫が見つかり経過観測中でした。子宮体癌 初期(ステージⅠ)。
やはり見つかったのは健康診断でした。
筋腫自体は自覚していたとはいえ、癌を宣告された時はさすがに頭が真っ白になりました。
診断がおりた後はとても慌ただしく、現場へは事情をお話して、しばらくお休みをいただく事ができました。

入院準備以外にも、先生から教えていただいた今後の治療に関する勉強、年齢的に出産の予定はありませんでしたが、今後の人生についてもあらためて色々と考えることがありました。手術では、癌以外に子宮筋腫で3キロ摘出することになり、熊のぬいぐるみみたいに縦に大きく切ったため術後のリハビリはかなり大変でした。診断から退院まで、やらなければならないことや考えなければならないことが、次から次へと出てきました。今思うと、その上お金の心配までをしなくてはならなかったらどんなに大変だったか…。

私は、PE共済会ともうひとつ一般の生命保険にも加入しており、両方の給付を受けることが出来たのでお金の心配は必要がなく、治療だけに専念することができました。PE共済会のスタッフの対応が早く、とても助けられた気持ちだったと夫とも話していました。
この経験を通して皆さまにお伝えをしたいことは、ありきたりではありますが、癌はやはり早期発見につきます。しばらく健康診断や検査をされていないという方、心配なことがある方は、ぜひ医療機関へ勇気を出しての受診して欲しいです。
実は、今回の開腹手術中、新たに別の病気(あの安倍首相も悩まされた、難病指定の潰瘍性大腸炎)が見つかり、現在は投薬にて治療中です。手術前に就業していた現場にも無事復帰。現在の病状も理解していただきながら一日も早い回復を目指し頑張っています。